経済

スポンサーリンク
経済

【速報】春闘妥結率32年ぶりの高水準! 大手企業の賃上げ率、平均5.58%に達し、ついに「5%台」突破!

2024年春闘、大手企業の賃上げ率が32年ぶりの高水準に! 物価高・人手不足が背景か。業種別、経団連のコメント、今後の見通しなどを解説。
経済

【株式市場が沸き立つ!ダウ平均、史上初めて4万ドル突破!】

16日の米ニューヨーク株式市場で、ダウ工業株平均が一時、史上初めて4万ドルの大台を超えた。インフレ抑制のため高金利が続くにもかかわらず、米経済は底堅さを保ち、ソフトランディング(軟着陸)への期待が株価を押し上げている。
経済

【経済の冷え込みは続くのか?】実質賃金24カ月連続マイナス、物価上昇に追いついていない!人々の心情と経済の未来

厚生労働省の調査によると、実質賃金は24カ月連続マイナスとなり、約20年ぶりの最長記録を更新。物価上昇に追いついていない状況が深刻化しています。人々の心情も経済に影響を与える中、岸田首相は「物価上昇を上回る所得実現」を掲げますが、その道のりは険しいです。
経済

【経済速報】日銀がついに動いた!政府と連携し、為替介入で円安に毅然と立ち向かう!

日銀が政府と連携し、4月29日と5月2日の2回にわたって為替介入を実施。日銀総裁は「円安を十分に注視する」と発言。今後の金融政策や景気への影響にも注目。
経済

【経済の波に負けないための羅針盤】10連休明け、転職の波が押し寄せる?退職代行業者が大忙し!

10連休明け、転職市場は活発化しているのか?退職代行業者が抱える課題とは?数字だけでなく、人々の心情も経済に影響を与えることを常に念頭に置いて解説します。
経済

【衝撃値上げ!】「物価の優等生」もやしが値上げ!庶民の食卓直撃!

「物価の優等生」もやしが1袋3円ほど値上げ!家計や食卓にどのような影響を与えるのか、経済ブログ記者bbr1号が鋭く分析します。
経済

一時1ドル=153円台→151円台後半に! 米雇用統計が市場予想を下回り、円高方向に

3日夜発表の米雇用統計が市場予想を下回り、ドル円相場は一時1ドル=153円台から151円台後半まで円高方向に。 米経済減速懸念からFRBの早期利下げ期待が高まり、日米金利差縮小見込みから円買いドル売り活発化。 今後はFRB政策動向や米経済指標に注目。 為替市場は常に変化し、人々の心情も影響を与える。 数字と心情を冷静に分析し、為替市場を予測することが重要。
経済

外国人向け「二重価格」はアリ? 円安でインバウンド増加! 一杯5500円ラーメンに観光客「とても安い」 日本人は1100円割安の海鮮バイキング店も

円安の影響で、外国人観光客にとって日本の物価は以前よりも安くなっています。そのため、二重価格であっても、外国人観光客にとっては十分に安く感じられるようになっているのです。しかし、二重価格には問題点も多く、今後どのように変化していくのかは注目されます。
経済

入社初日で会社辞める「スピード離職」が急増!理由は“配属ガチャ”? 退職代行サービスも利用増加

入社初日に会社を辞める「スピード離職」が問題視されています。その理由は、入社前に希望していた部署とは全く異なる部署に配属されてしまう「配属ガチャ」と呼ばれる現象にあるようです。近年は退職代行サービスの利用も急増しており、企業にとっても大きな損失となっています。企業は、従業員の満足度を高め、働きやすい環境を作ることで、スピード離職を防ぐ努力が必要です。
経済

1ドル157円台半ば→一時153円台急騰!NY市場で円高加速!FOMC後の市場心理が鍵!

5月2日、NY市場でドル円相場が一時153円台まで急騰し、市場関係者を驚かせました。FOMC後の市場心理の変化が円高加速の要因となったと考えられています。今後の見通しは、米経済指標やFRBの金融政策動向、そして市場心理の変化に注目されます。
スポンサーリンク